勘定科目説明新・社会福祉法人会計基準「社会福祉法人会計基準適用上の留意事項(運用指針)」より抜粋

補足
  • 財務諸表の第1号の1~3様式、第2号の1~3様式は、勘定科目の大区分のみを記載するが、必要のないものは省略することができる。ただし追加・修正はできないものとする。
    財務諸表の第1号の4様式、第2号の4様式は、勘定科目の小区分までを記載し、必要のない勘定科目は省略できるものとする。
    また、第3号の1~4様式は、勘定科目の中区分までを記載し、必要のない中区分の勘定科目は省略できるものとする。
  • 会計基準の別紙3、別紙4については、勘定科目の小区分までを記載し、必要のない勘定科目は省略できるものとする。
  • 勘定科目の中区分についてはやむを得ない場合、小区分については適当な科目を追加できるものとする。
    なお、小区分を更に区分する必要がある場合には、小区分の下に適当な科目を設けて処理することができるもとする。
  • 「水道光熱費(支出)」、「燃料費(支出)」、「賃借料(支出)」、「保険料(支出)」については原則、事業費(支出)のみに計上できる。
    ただし、措置費、保育所運営費の弾力運用が認められないケースでは、事業費(支出)、事務費(支出)の双方に計上するものとする。
  • 財務諸表の様式又は運用指針Ⅰ別添3に規定されている勘定科目においても、該当する取引が制度上認められていない事業種別では当該勘定科目を使用することができないものとする。

(参考) 財務諸表 各様式 第1号 --- 1様式-資金収支計算書 : 2様式-資金収支内訳表 : 3様式-○○事業区分 資金収支内訳表 : 4様式-○○拠点区分 資金収支計算書 : 別紙3-○○拠点区分 資金収支明細書
第2号 --- 1様式-事業活動計算書 : 2様式・事業活動内訳表 : 3様式-○○事業区分 事業活動内訳表 : 4様式-○○拠点区分 事業活動計算書 : 別紙4-○○拠点区分 事業活動明細表
第3号 --- 1様式-貸借対照表 : 2様式-貸借対照表内訳表 : 3様式-○○事業区分 貸借対照表内訳表 : 4様式-○○拠点区分 貸借対照表